第1条 【総則】

本規約は、リーフチャット事務局.(以下「当局」)が運営・提供するサービス「リーフチャット」(以下「本サービス」)の利用条件を定めています。
当局は、本サービスを利用するお客様(以下「ユーザー」)が本サービスを利用したことをもって本規約の全ての記載内容に同意したものとみなします。

第2条 【本サービスに関して】

本サービスは、ソーシャルネットワークサービスであり、インターネット上で、趣味・地域等を同じくする個人同士、お互いの趣味に関わる情報を交換することを目的としています。
本サービスにおいて、ユーザーの任意により記入または取得されたプロフィール情報は、ユーザーの承認の下、他のユーザーに対して公開されることがあります。

第3条 【禁止行為に関して】

ユーザーは、本サービスを利用して以下の行為を行わないものとします。
違反した場合、当該IDの停止、削除、アカウントの停止処分を行います。
・売買春を目的とする行為、もしくはその恐れのある行為
・児童ポルノまたは児童虐待にあたる内容を掲示する行為、もしくはその恐れのある行為
・金銭的な取引、物品の販売、広告宣伝など、営利目的となる行為
・他人や他団体のプライバシーを侵害したり名誉を毀損するなどの迷惑行為
・他人や他団体の著作権などの知的所有権を侵害する行為
・選挙活動や宗教勧誘、ねずみ講勧誘などの行為
・当アプリを児童に利用させる行為、もしくはその恐れのある行為
・スパム行為や、チェーンレターなどを送信する行為
・当アプリあるいは当アプリと通信するサーバに対するクラッキング行為
・運営者に対して不利益を与える行為
・その他、法律、条例または公序良俗に反する行為
・その他運営者が不適当と認めた行為

第4条 【利用料金について】

有料サービスの料金表については、特商法表記ページをご確認下さい。
購入後の利用料金の返金、コイン(本サービス内でのポイント単位)の返還にはついては、いかなる事情であっても応じられません。
本サービスの利用の際に発生した通信料等はユーザー負担となり、当局はいかなる補償も行わないものとします。

第5条 【退会及び利用停止について 】

ユーザーは、自身の判断で本サービスのアプリケーションを削除することで自由に本サービスを退会することができます。
なお、この場合において、ユーザーは本サービスにかかる一切の権利(コインについての権利を含むが、これに限らない)を放棄することに同意する。
当局は、ユーザーが以下の各号のいずれかに該当する場合、当該ユーザーに事前に通知することなく、かつ、その理由を開示することなく、当該ユーザーによる本サービスの利用を制限し、又は、当該ユーザーを退会させることができるものとします。
また、当局は利用停止において、コイン購入料金の返金には一切応じません。
ユーザー登録申込みが当該ユーザー以外の第三者により行われたことが判明した場合
ユーザー登録申込み時に入力した情報に虚偽、誤記又は入力漏れがあったことが判明した場合
前2号に定める他、本規約に違反した場合
過去に本規約違反等で本サービスの利用を制限され、又は退会処分となっていた場合
その他、本サービスを提供し、又はユーザー登録を維持することが不適切であると当局が判断した場合

第6条 【本サービスの中止および停止に関して】

当局は、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの内容の全部若しくは一部を変更若しくは追加し、又は本サービスの全部若しくは一部を廃止することができるものとします。
当局は、以下の各号のいずれかに該当する場合、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの提供を中断又は停止することができるものとします。
また、それに伴う利用料金の返還等には一切応じることは出来ません。
本サービス用のシステムその他の設備の保守、点検、修理又は変更等を行なう場合
本サービス用のシステムその他の設備に障害が発生した場合
災害、停電等により、本サービスの提供が困難になった場合
電気通信事業者の提供する電気通信サービスの利用が困難になった場合
その他、当局が本サービスの提供の中断又は停止が必要であると判断した場合

第7条 【免責事項】

当局は、ユーザーの利用規約、本サービスの利用方法や利用条件に準拠していないなど、ユーザーの帰責事由による本サービス利用の障害に対しては責任を負いません。
当局は本サービスを通じて掲載した情報、資料、事実の信頼性、正確性など内容については保証できません。
当局は、ユーザー間またはユーザーと第三者相互間に本サービスを媒介にして取引をした場合には責任が免除されます。
同社は無料で提供される本サービス利用と関連して法律に特別の規定がない限り責任を負いません。
当局は天災地変、戦争、基幹通信事業者の本サービスの停止、解決が困難な技術的欠陥その他の不可抗力により、本サービスを提供することができない場合責任が免除されます。
当局は、事前に公表された本サービス用設備の補修、入れ替え、定期点検、工事などやむを得ない事由で本サービスが停止したり、障害が発生した場合においては責任が免除されます。
ユーザーは自分の決定によって当局の本サービスを使用して、特定のプログラムや情報などをダウンロードし、又はアクセスすることで被ることになるコンピュータ・システム上の損害やデータ、情報の喪失の責任を負います。
当局は、基幹通信事業者が電気通信サービスを中止したり、定期的に提供しなくて損害が発生した場合には責任が免除されます。
ユーザーのコンピュータのエラー、個人情報、および電子メールアドレスの不正な記載、パスワード管理の不行き届きなどユーザーの責に帰すべき事由により損害が発生した場合、当局は責任を負いません。
当局は、ユーザーのコンピュータ環境や当局の管理範囲に含まれないセキュリティ上の問題に起因する諸問題や、現在のセキュリティ技術水準で防御が困難なネットワークのハッキングなど、当局の帰責事由なしで発生する問題に対して責任を負いません。
当局は本サービスが提供された内容の重要な情報の正確性、内容、完全性、合法性、信頼性等について保証したり責任を負わず、サイトの削除、保存に失敗した際の情報の提供のための最終的な責任をれません。
また、当局はユーザーが本サービス内またはウェブサイト上に掲示または送信した情報、資料、事実の信頼性、正確性、完全性、品質などの内容につきましては、責任を負いません。
ユーザーが自分の個人情報を第三者に開示または提供することによって発生する損害については、当局は一切の責任を負いません。
当局はユーザーが本サービスを利用して期待される効用を得られなかったことに対して責任を負いません。
本サービスの取捨選択または利用で発生する損害などについては、責任が免除されます。
当局は、ユーザーの投稿を登録する前に事前審査したり、常時掲示物の内容を確認または検討しなければならない義務がなく、その結果に対する責任を負いません。
WiFi環境以外で接続してデータ料金発生時に、ユーザーは、課された料金についても当局は一切の支払い要求を行うことができません。

第8条 【本規約の改訂】

当局は、随時本規約を改訂することができるものとします。
当局は、前項に従い本規約の改訂を行った場合、速やかに改訂した本サービスの利用規約を、本サービス上に掲載するものとします。
改訂された本サービスの利用規約は、本サービス上に掲載した時点より効力を生じるものとします。

第9条 【準拠法】

本規約は、日本法に従い解釈又は適用されるものとします。

第10条 【その他】

本規約は、日本法に従い解釈又は適用されるものとします。
ユーザーと当局とは、本規約に関して訴訟の必要が生じた場合、その訴額に応じて簡易裁判所又は地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。